タクシーの景気

アベノミクス効果前においては、景気があまりよくなかったために、一時的に若干の規模縮小の傾向がありました。しかしながら、アベノミクスによる景気の底上げと円安の影響もあって、今は市場規模が回復・拡大してきています。さらに、国内の貨物輸送量も非常に増加しています。インターネットの普及にともない、通販を利用する人が非常に多くなりました。それに伴って、インターネットの通販事業が急成長しました。その結果、宅配便の数も急増しており、人材ニーズの確保が求められています。そのため、運輸業界の求人数が増加している状況になっています。

運輸業界の一部であるタクシー業界は、現在、ますます市場拡大しています。タクシー会社は、燃料価格が高騰したことから、また、タクシー利用者が減少していることから、規模が縮小するのではないかと思われましたが、実際はそのようなことはありません。実際に、タクシー会社は、募集を多く出しています。今のタクシー会社は、ただお客様を目的地に運ぶだけでなく「高齢者向けの福祉タクシー」サービスなど、いろいろなサービスを提供しています。ドライバーの数が非常に減少していて、また、ドライバー自身の高齢化という現象が出てきています。こうしたことから、現在はドライバーが全国的には約20万人不足しているといわれています。こうした不足状態を解消するために、タクシー会社は積極的に採用活動を展開しています。タクシー会社も今後の組織の中核として人材確保に力を入れているということです。