しゃべり続ける仕事

試食販売は常に立ち続けて、声を張ってしゃべり続ける必要があることから、体力や忍耐力が必要となり、誰でも簡単にできる内容のものとは言えません。また、見知らぬ人への声掛けばかりで度胸もいるうえに、その試食を断られたり、無視されたりといったことも普通なので、精神的にもタフでなければ務まらないものです。そういった条件をクリアできれば、その仕事内容のレベルや成果からみてもかなりの評価をされるバイトであるので、日給は高く、稼げるものとなっています。大抵は1日働いて8,000円程度は受け取れることになります。

こうした試食販売の仕事は昔からあり、よく近所のスーパーでエプロンを着たおばちゃんがソーセージやお惣菜を調理して配っているのを見ていました。このようにある程度落ち着いた年齢の女性の間で人気のバイトであったのです。しかし、最近の傾向としては大学生などの若い女性の間でもポピュラーなものになりつつあります。どうしても学生時代には学業だけでなく、部活や遊びなどに自由に使えるお金が必要になり、大抵の場合は何かしらのバイトを行っています。しかし、時給にして安いものが多いなかで、このバイトは非常に魅力的に映るのです。試食販売でも比較的、飲料やお菓子などの調理の必要がないものは学生がしている場合が多くなってきました。このようなことから、試食販売は広がりを見せつつある特異なバイトであるといえます。